HOME   »   勉強  »  Chrome拡張機能「Weblioポップアップ英和辞典」を使えば、英単語にカーソルを合わせるだけで意味が表示される!
RSSフィード
最近のエントリでオンライン英和辞典weblioの話題をいくつか書きました。

そのような中、Chrome拡張機能にもWeblioポップアップ辞典というものもありました。これがまたアツイ!

Weblioポップアップ辞典を利用すれば、一々オンラインweblioのページで検索語句を入力しなくてもポップアップで画面上に意味を表示してくれます。なんだか凄いです。

これは英語論文を読むときに欠かせないChrome拡張機能です。

2点ほど使いやすいように設定も変更してみたので紹介します。
weblio英和

スポンサーリンク

Chrome拡張機能のWeblioポップアップ英和辞典インストール方法

weblio-chrome
Chrome ウェブストア - Weblioポップアップ英和辞典から、拡張機能をインストールします。

Chrome拡張機能のWeblioポップアップ英和辞典の使い方

デフォルトの設定のままでもいいのですが、自分が使いやすいように設定を変更しました。変更箇所は2点です。
  • 「英単語にカーソルを合わせたらポップアップ」から「英単語にカーソルを合わせてからcontrolを押したらポップアップ」に変更
  • ポップアップウィンドウの大きさを「小さいサイズ」から「大きいサイズ」に変更
その2点の変更方法です。

weblio-dictionary-chrome
▲Google Chromeの右上のメニューバー→設定を選択します。

weblio-dictionary-chrome
▲続いて、拡張機能欄から、Weblioポップアップ英和辞典を探し、オプションを選択します。

weblio-dictionary-chrome
▲1つ目は、「ポップアップの設定」→「英単語にマウスカーソルをあわせ、controlキーを押してポップアップ」にチェックを入れてから保存するを選択します。

weblio-dictionary-chrome
▲2つ目は、「表示の設定」→「大きいサイズで表示」にチェックを入れてから保存するを選択します。

これで設定完了です。

Weblioポップアップ英和辞典の表示のされ方

実際の挙動を示します。

weblio-chrome
▲例えば、画面中の「Google」という単語が知りたい場合、カーソルを単語に合わせてからcontrolキーを押すと、

weblio-chrome
▲「Google」という単語の意味がポップアップされて表示されます。表示を消すには、もう一度controlキーを押します。詳しく意味を知りたい場合には、黄緑色で囲った「続きを見る」を選択します。すると、weblio英和辞典のページへとジャンプします。

まとめ

カーソルをあててcontrolを押すだけで自動で意味が表示されるのは大変便利です。論文でパパッと意味をつかみたい時には凄く役に立ちます。

今回の説明では、controlを押した時にポップアップで意味が表示されるようにしました。こう設定しないと、意図しない所でポップアップが表示されて鬱陶しいと感じたからです。

この辺の設定は、使用してみないとなんとも言えない所です。まずは初期設定のままで使用してみて、違和感を感じたら、設定を変更してみると良いでしょう。

参考:Chrome ウェブストア - Weblioポップアップ英和辞典

関連記事

Web上の色(カラーコード)を知りたい時に使えるChrome拡張機能「Eye Dropper」

Google Chromeで新規タブを開いた時の挙動を調整する拡張機能「New Tab Redirect」

英語論文を読む時に利用しているオンライン辞書「weblio辞書」は再検索しやすい!

英語論文を読む時に使っている検索iPhoneアプリ「Weblio辞書(英和辞典)」

Evernote(メモ帳)に記述した英単語をExcelで整えてオリジナル単語帳を作る方法

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
weblio   chrome   英語  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP