HOME   »   Macアプリ  »  OneDriveにMacのFinderからアクセス出来るようにした
RSSフィード
前回は、オンラインストレージ「OneDrive」を開設した記事を書きました。iPhoneアプリからアクセスできるようにしましたが、ファイルを追加するのはほとんどMacからです。

一々ブラウザを開いてファイルを追加するのは面倒くさいです。そのため、MacからOneDriveに簡単にファイルを追加するための公式アプリが用意されています。

この公式アプリを使って設定を行えば、FinderからOneDriveのフォルダへアクセスできます。このフォルダにファイルをドラッグすれば、自動的にOneDriveに同期できます。

そこで、最近リリースされたMac用のOneDriveアプリを利用して、FinderにOneDriveのフォルダを表示させてみました。
onedrive

スポンサーリンク

OneDrive用フォルダをFinder内に設置する方法

onedrive
OneDrive アプリを起動したら、OneDriveのアカウントでログインします。

onedrive
▲そして、必要なものだけを同期します。ここでは、「OneDrive上のすべてのファイルとフォルダー」を選択しました。

OneDriveのフォルダーは任意の階層におく事が出来ます。

onedrive
▲Dropboxのように、Finderのよく使う項目に表示されるようにOneDriveのフォルダをドラッグ&ドロップしておきました。

これで、Dropboxと同様にクラウドを利用できるようになりました。
OneDrive App
カテゴリ:仕事効率化
価格:無料(記事掲載時点)
バージョン: 17.0.4031.0219
リリース日:2014/02/24
AppStoreで詳細をみる
スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
MacApp   OneDrive  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP