HOME   »   webサービス  »  Google Chromeで新規タブを開いた時の挙動を調整する拡張機能「New Tab Redirect」
RSSフィード
今までGoogle Chromeで新規タブを開いた時には、以下のような画面になっていました。

googlechromeextension-newtabredirect

この画像は、自分のよく閲覧している履歴を反映しているようだったので、出来れば表示したくありませんでした。

そこで、このような記事に出会いました。「New Tab Redirect」というGoogle Chromeの拡張機能です。
Chromeの新規タブを開いたらアプリ一覧にする方法 - 理系大学生のwebメモ

記事中では、新規タブを開いた時の挙動を「chromeapp」というものにしていました。

僕が新規タブを開く目的は、新たに検索する事でしたので、それに合った挙動を示すように調整しましたので、その方法を紹介します。
newtabredirect

スポンサーリンク

New Tab Redirectの導入方法

Google Chrome拡張機能「New Tab Redirect」は、Chrome ウェブストア - New Tab Redirectから無料で入手する事が出来ます。

googlechromeextension-newtabredirect
▲New Tab Redirectを入手しました。

New Tab Redirectの設定方法

googlechromeextension-newtabredirect
▲Google Chromeの右上を選択してから、設定を選択します。

googlechromeextension-newtabredirect
▲そして、拡張機能→オプションと進みます。

googlechromeextension-newtabredirect
▲このページで、新しいタブを開いた時の挙動を指定する事が出来ます。色んなサンプルがありますが、僕は、図の「New Tab Redirect 'Apps'」というものを選択しました。

googlechromeextension-newtabredirect
▲すると、新しいタブを開いた時に、検索窓にカーソルが入った状態になります。目的の挙動になりました。

URLの指定が可能

新しいタブを開いた時、ページのURLを指定する事も可能です。

googlechromeextension-newtabredirect
▲先ほどの拡張機能を設定するページにおいて、図のURL入力画面において、開きたいページのURL(ここでは、http://yahoo.co.jpとしています)を入力して保存すれば、

googlechromeextension-newtabredirect
▲新しいタブを開いた時に、指定したURLを開く事が出来ます。

自分の目的に合わせて、適宜使用してください。

まとめ

現在見ているページから、別の何か新しい検索をする時には、何も気にすることなく、「command+T」を押して次の検索をする事が出来て快適です。オススメの拡張機能です。

参考:Chrome ウェブストア - New Tab Redirect

関連記事

Web上の色(カラーコード)を知りたい時に使えるChrome拡張機能「Eye Dropper」

Chrome拡張機能「Weblioポップアップ英和辞典」を使えば、英単語にカーソルを合わせるだけで意味が表示される!

Chrome拡張機能「Keyconfig」ショートカットでブックマークレット起動できるのが便利!

1Passwordのブラウザ拡張機能でウェブ上のログイン項目の入力も手間無しに!

Chrome拡張機能のEvernote Web Clipperを使えば見ているページを簡単&綺麗にEvernoteに保存出来る!



スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
GoogleChrome   拡張機能  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP