HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトMacアプリ  »  MacでLaTeXiTをインストールする方法・使い方
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MacアプリのKeynoteで数式を挿入しようとしても、挿入方法がありません。

LaTeXiTというアプリを使用して数式画像を作成してKeynoteに貼付ける事が一般的なようです。そこで、このLaTeXiTを導入してみたので、その使用方法について紹介します。
latexit

スポンサーリンク

MacでLaTeXiTをインストールする方法

latexit-mac
LaTeXiTのページへいき、Downloadを選択します。

latexit-mac
▲続いて、最新版のLaTeXiTをダウンロードします。

latexit-mac
▲ダウンロードしたらファイルを開き、LaTeXiTを開きます。

latexit-mac
▲すると、LaTeXiTを起動出来ました。

LaTeXiTの使い方

簡単にですが、LaTeXiTの挙動を確認します。

latexit-mac
▲LaTeXiTのコマンドを入力したら、「LaTeXiT!」を選択します。(キーボードショートカットキー「command+T」でもOK)

latexit-mac
▲すると、上にプレビューが表示されます。

latexit-mac
▲LaTeXiT上からデスクトップへ、ドラッグ&ドロップします。

latexit-mac
▲すると、数式がpdf形式で保存出来ました。

保存できる形式には、以下のようなものがあります。
  • PDF
  • PDF w.o.f(数式情報付き)
  • EPS
  • SVG
  • TIFF
  • PNG
  • JPEG
  • MathML
latexit
▲画像をドラッグする際に、保存する形式を選べるポップアップが出てきます。ドラッグしながら保存したい形式のところで止まると、その保存形式で保存できます。

PC上で綺麗な式を作成したい時には、LaTeXiTは便利です。

参考:LaTeXiT

関連記事

画像内の文章や数式をTeX・Word形式に変換出来るMoshaが凄い!

Mac MavericksでTeXを導入する方法

TeXの表作成ジェネレーター(csv2tabular)を活用して表を作る方法

TeX用にTextExpanderに登録しているコマンド一覧

TeXでレポートを書くならTextExpanderを併用した方が良い理由を解説

手書きで書いた数式を画像やLaTeX形式に保存できるiPhoneアプリ「MyScript MathPad」

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
TeX   Keynote   LaTeXit  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。