HOME   »   未分類  »  自動販売機で販売されている飲み物の値段の種類→8
RSSフィード
自動販売機8%増税
▲これは普通の駅の自動販売機。

ここには100円、110円、120円、130円、140円、150円、160円、210円の合計8種類の値段の飲み物が販売されています。こんなにも多様な値段設定がされています。

詳しく見ていきます。

スポンサーリンク
自動販売機8%増税
▲左上から順に、140円、100円、120円、130円、160円、150円です。

自動販売機8%増税
▲さらには、210円、120円、

自動販売機8%増税
▲最後に110円といったところです。

消費税が5%から8%に増税されたことで、自動販売機の飲み物の値段が上がったものもあれば、据え置きのものもあります。

その影響で、多様な値段設定となっているのでしょう。

同系列飲み物(お茶)でも種類によって値段が10円違っているということがあるので、売り上げに大きく変わりそうです。

定期的に値段を交換したりするのでしょうか。気になるところです。

以上、駅の自動販売機からお伝えしました。

P.S.
最近、ホットな飲み物販売スペースが縮小してきて残念!



関連記事

【ネタ】冬眠するのはクマだけじゃなかった!◯◯だって冬眠していた!

JR Suicaの最小チャージ金額が500円になった!

JR改札通過時の残高表示が消えた?→手前に表示されていた!

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
自動販売機  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP