HOME   »   Macアプリ  »  Macのメニューバーからカレンダーを表示できる「Day-O」が良い!
RSSフィード
Macを使っていて、簡単にカレンダーを確認したい!という場面に結構遭遇します。

「簡単に」というと、まず候補に挙がったのが「Macのメニューバー」。

メニューバーのアイコンをクリックするとカレンダーが表示できるアプリを探した所、Day-Oというアプリにたどり着きました。まさに、探していたもの。

シンプルなカレンダー表示アプリ「Day-O」の導入方法を紹介します。
day-o

スポンサーリンク

Macのカレンダーアプリ「Day-O」の導入方法

「Day-O」の公式ページからダウンロードできます。

day-o
▲ページ一番下の「Download Day-O」からダウンロードします。

day-o
▲ダウンロードしたら、zipファイルを解凍して開きます。

day-o
▲解凍したファイル「Day-O」を起動します。

day-o
▲すると、Macのメニューバー右上に、このような時刻のメニューが表示されました。ここを押してみます。

day-o
▲すると、このような、シンプルなカレンダーが表示されるようになりました。これが良いですね!

メニューバーの時刻の表示を好みのものに変更する方法

メニューバーに表示されている時刻の表示のされ方を変更してみます。

day-o
▲Preferencesを選択し、

day-o
▲Date&Time Formatを

day-o
▲M月d日(E) H:mm:ssとすれば、

day-o
▲Day-Oのメニューバーの時刻の表示のされ方がご覧のようになります。

デフォルトの時刻表示を消す

Day-Oを導入すると時刻が表示されるので、元々表示していたデフォルトの時刻が余計になります。よって、これを非表示にしてみます。

day-o
▲Day-Oを選択してから、「Date & Time」を選択します。

day-o
▲そして、図の「メニューバーに日付けと時刻を表示」のチェックを外します。

day-o
▲これで、Day-Oの時刻だけ表示する事が出来ました。

まとめ

Macのメニューバーにシンプルなカレンダーを表示させたい時には、無料の「Day-O」を利用してみると良いでしょう。

参考:Day-O // ShaunInman.com

関連記事

iPhoneの純正カレンダーに表示してある誕生日を非表示にする方法

Quicka2からカレンダーアプリ「Moca」に予定を追加出来るようにした

MyShortcuts+Viewerを使って通知センターにカレンダーを設置してみた!

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
MacApp   カレンダー  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP