HOME   »   Androidアプリ  »  Androidホーム画面上でスライドすることで明るさを調節できるアプリ「Display brightness」
RSSフィード
Android端末だけに限りませんが、スマートフォンを使用していてよく変更する設定は、「明るさ」です。昼間は明るさを最大近くにしたいですし、夜間は明るさを最小近くにしたいです。

そこで、明るさを簡単に調節できるAndroidアプリを探してみた所、「Display brightness」というアプリにたどり着きました。

「Display brightness」の特徴は、ホーム画面から明るさを変更できる事です。一々設定アプリを起動する必要がありません。

明るさ変更バーは非表示にする事も出来ますし、薄く表示させる事も出来ます。

使用してみると使いやすいです。早速「Display brightness」の使い方を紹介しようと思います。
スポンサーリンク

Display brightnessの使い方

まずはDisplay brightnessを起動します。

Androidアプリ-displaybrightness
▲一番上は、スライドバーの色に関する設定です。この辺は使用してから変更してみてください(左)。Select alighnmentでは、スライドして明るさを変更するバーの位置を設定します。今回は、Bottom Center(下真ん中)にしてみました(右)。

Androidアプリ-displaybrightness
▲Enable Indicatorをタップすると(左)、下真ん中に、スライドバーが現れます(右)。

Androidアプリ-displaybrightness
▲このスライドバーを動かすと、強度が表示されながら、明るさが変更されます(左)。もし、パーセント表示したくなかったら、Display brightnessの「Adjust transparency」を0にすればOKです(右)。

Display brightnessを使用してみた感想

明るさを調節できるスライドバーは、下におくと、操作性が悪いように思います。

左や右におくといいと思います。自分の「きき手」に合わせて設定してみてください。

もしスライドバーが邪魔でしたら、先ほどと同じように、「Adjust transparency」を0にしてみてください。

全体的な印象としては、ホーム画面から直接画面の明るさを変更できて、画期的なアプリだという印象です。

ちなみ僕は右下に配置しています。

Display brightness
制作: RubberBigPepper
価格: 無料
平均評価: 4.4(合計 3,124 件)
posted by: AndroidHTML v2.3


関連記事

【Android】大画面でも大丈夫!通知領域にアクセスしやすくする「Smart Task Launcher」

【Android】日本語入力キーボード「ATOKお試し版」で試した設定

【Android】Suica/Pasmoの利用記録をスキャンできるNFC機能を利用した「Suica Reader」が凄い!CSV形式での出力も可能!

Nexus 5用のTPUケース(Caseology Matte Slim Fit Flexible TPU Case)を買った!質感最高!

Androidのホーム画面にあるアプリを最大55個に出来る「Nova Launcher」の使い方

Androidアプリを紹介するためのブックマークレット「AndroidHtml for Play v2」が使いやすい

無料Androidアプリ「1Password Reader」の使い方

「Google Nexus5 32GB ブラック」の購入レビュー(~初期設定)

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
Androidアプリ  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP