HOME   »   Androidアプリ  »  【Android】左スワイプして起動できるランチャーアプリ「Smart Task Launcher」
RSSフィード
以前に「Smart Task Launcher」を紹介しました。→【Android】大画面でも大丈夫!通知領域にアクセスしやすくする「Smart Task Launcher」

「Smart Task Launcher」は、ホーム画面に配置したバーに対してのスワイプ動作を割り当てることができるアプリです。

この中で特に便利なのが、「Launch App」という動作です。簡単に言えば、ランチャー動作です。

このランチャー動作の使いやすい点は、起動したいアプリ上で指を離す事でアプリが起動できる点です。

そこで今回は再び「Smart Task Launcher」を取り上げ、ランチャー動作に焦点を当てて紹介しようと思います。
Smart Task Launcher

スポンサーリンク

「Smart Task Launcher」で左スワイプしてランチャーを起動できるようにする方法

androidアプリ-smart-task-launcher
▲Smart Task Launcherを起動したら、ホットスポットをタップします(左)。そして、位置を「Right」にし、左スワイプを「ランチャー1」に設定します(右)。

androidアプリ-smart-task-launcher
▲続いてランチャーについて設定します(左)。行数/列数を選択し(右)、

androidアプリ-smart-task-launcher
▲任意の行数と列数をスクロールして選択します(左)。こんな感じでランチャーを設定出来ます。アプリを追加する場合は、+マークをタップします(右)。

Smart Task Launcherを使ってランチャーを呼び出す方法

先ほどの設定が終わったところで、実際にランチャーを起動してみます。

androidアプリ-smart-task-launcher
▲ホーム画面の右部分を左にスクロールする(指を離さない)と(左)、ランチャーアプリが表示されるので、起動したいアプリの上で指を離します。
androidアプリ-smart-task-launcher
▲すると、アプリを起動できます。

まとめ

Smart Task Launcherを使用すれば、起動したいアプリをスワイプしながら選択することができます。

ホーム画面をスッキリさせておきたい場合にはいい選択肢です。

Smart Task Launcher
制作: Jskt
価格: 無料
平均評価: 4.4(合計 245 件)
posted by: AndroidHTML v2.3

関連記事

【Android】大画面でも大丈夫!通知領域にアクセスしやすくする「Smart Task Launcher」

【Android】日本語入力キーボード「ATOKお試し版」で試した設定

【Android】Suica/Pasmoの利用記録をスキャンできるNFC機能を利用した「Suica Reader」が凄い!CSV形式での出力も可能!

Nexus 5用のTPUケース(Caseology Matte Slim Fit Flexible TPU Case)を買った!質感最高!

Androidのホーム画面にあるアプリを最大55個に出来る「Nova Launcher」の使い方

Androidホーム画面上でスライドすることで明るさを調節できるアプリ「Display brightness」

Androidアプリを紹介するためのブックマークレット「AndroidHtml for Play v2」が使いやすい

無料Androidアプリ「1Password Reader」の使い方

「Google Nexus5 32GB ブラック」の購入レビュー(~初期設定)

スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP