HOME   »   Office製品  »  Excelで1,1,2,2,3,3,...という数列を縦に並べ続ける方法
RSSフィード
Excelでは簡単な簡単な表計算が得意です。

例えば、縦に一列【123456789....】と表示させるのは簡単です。

まず、1、2と縦に入力してから2つのセルを選択します。

そして、右下から下へドラッグ&ドロップすることで、好きなだけ表示させることができます。

では、1,1,2,2,3,3,4,4,....と表示させたい場合はどうでしょう。

先ほどと同様の方法では出来ません。

どうすればいいかと言うと、
  • 1.1,1.6,2.1と入力する
  • 下に引っ張る
  • 整数部分を取り出す
です。Excelでのスクリーンショットを交えて詳しく説明します。
excek

スポンサーリンク

1,1,2,2,3,3,...という数列を縦に並べ続ける方法

excel
▲まず、基本的な操作の確認です。Excelのセルに1と2を入力してから2つのセルを選択し、右下の四角から下へドラッグ&ドロップすると、

excel
▲1ずつ数が増えていく数列を作成する事が出来ます。

これと同様の事を行います。

excel
▲セルに1.1と1.6を入力してから右下の四角から下へドラッグ&ドロップすると、

excel
▲0.5ずつ増える等差数列を作成する事が出来ます。

excel
▲続いて、c2のセルに「=int(b2)」と入力してEnterを押します。すると、1と入力されます。

intはExcelにおいてb2の整数部分を取り出す関数です。今b2のセルには1.1が入っています。1.1の整数部分は1になります。

excel
▲1のセルを選択し、右下の四角から下へドラッグ&ドロップを行うと、同じ処理が施され、

excel
▲目的の1,1,2,2,3,3,...という数列を得る事が出来ました。

0.5という刻みで作成すれば、ちょうど同じ整数が2回表れるという規則を利用したものになります。

手動で入力するのが大変な数列でも、ちょっと見方を変えることで楽に入力できます。

関連記事

Excelで作ったグラフの近似直線の式の有効数字を変更する方法

Excel、Wordの自動保存を1分に設定した

理系大学生なら絶対覚えておくべきWordの数式のショートカット


\[
\sum_{n=1}^\infty \frac{1}{n^2} = \frac{\pi^2}{6} \tag{3}\]
スポンサーリンク

過去記事セレクション

当ブログの過去記事の中で、オススメの記事25個をまとめたページを作成しました。500記事を超えた中から厳選していますので、どれもオススメできる記事となっています。もしも興味がありましたら、是非一度ご覧ください。
公開記事が500を超えたので、過去記事の中からオススメを25個セレクトしてみました



▼このカテゴリの最新記事
Relate Entry
Entry TAG
Excel  
Comment
Trackback
Comment form
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP