HOME   »  Office製品
RSSフィード
先日、【Excel】図のテンプレートを作成しておくと捗るという記事を書きました。テンプレートを削除するには保存した場所にあるテンプレートファイルを削除すればいいのですが、Finderから探しても見当たりませんでした。

保存されてあるテンプレートを見つけるのに苦労したので、そのことをメモしておきます。
excel

大学の実験データを整理してグラフを作成するときにはExcelを使用しています。この時に、毎回グラフの軸の目盛りを調節していたのですが、テンプレートを活用する事で、大幅に作業が楽になる事がわかりました。

今回は、テンプレートを活用してExcelのグラフを素早く仕上げる方法を紹介します。
excel
大学の実験レポートで図を作成する時には、Excelを使っています。先日、こちら→みんな!Wordの自動保存設定は「10分」じゃなくて「1分」にしよう!! : ihayato.書店の記事をみて、なるほどと思ったので、Wordだけではなく、Excelにもこの設定を行いました。

確かにたまにアプリが突然終了した時のバックアップが不完全な事がありました。
大学の実験レポートを書く際の注意点として、
  • 物理量はイタリック(斜体)で書く
というものがあります。Wordでレポートを書いている途中でイタリック(斜体)が入ってくるのは中々面倒でした。

しかし、Wordに備わっているショートカットを使えば、案外スムーズに書ける事がわかりました。

斜体の他に、太字や下線付き文字のショートカットもあります。下線文字は、見やすくするために見出しで使用する事がありました。今回は、Macにおけるショートカットを紹介します。
word

大学での実験レポートの作成には、Wordを利用しています。先日、レポートの作成にどれくらいの時間を使っているのだろうと疑問に思ったので、確認してみました。

今回は、Wordで作成した文章の編集時間の確認方法を紹介しようと思います。こんなに時間がかかっていたのか…笑


バックスラッシュ(/の逆)を入力したい時には、Macの場合、option+¥を押せば良いのですが、Wordでバックスラッシュを入力しようとすると、¥のままでした。

Wordでバックスラッシュを入力するためには、設定が必要でした。わかりにくかったので、スクリーンショットを交えて手順を紹介しようと思います。
実験で得られたデータをExcelで作成した時に、軸に名前を書く必要があります。今ではその方法を知って、Excelから軸の名前を追加していましたが、大学のはじめの頃はやり方がわからなくて軸の名前だけ手書きで書いていた覚えがあります。

今回は、覚え書きとして、Excelで作ったグラフの軸に名前を明記する方法を紹介します。


大学の実験では実験データをExcelに打ち込み、それらのデータからグラフを作成します。この時、比例関係にあるグラフならば、その傾きを求める必要があります。

近似直線の式を表示させれば傾きがわかるのですが、この時に、デフォルトの設定だと有効数字が欲しい値ではありませんでした。

そこで、近似直線の有効数字を任意に設定する方法を覚え書きとして書いておこうと思います。(なお、Mac版Officeでの動作ですので、Windowsでは多少異なるかもしれません。)

理系の大学生は毎週のように実験レポートに追われます。僕もそのうちの一人であります。

レポートを書く際に利用しているのはMicrosoft OfficeのWordです。つい最近MacにもWordを入れました。導入した記事はこちら→Office for Macを購入!ダウンロード版で簡単にインストール出来た!

さて、理系大学生の人はご存知だと思いますが、レポートには文章だけでなく、数式も書いていきます。数式はとても入力するのが面倒でした。

そこで、数式を簡単に入力出来るショートカットがないかGoogle先生にお伺いを立てたところ、あっさり出てきました。(2年間知らぬままでレポートを書き続けていた衝撃)

今回は、Wordに関する目から鱗の数式のショートカットを、図を交えて解説していきます。理系大学生は絶対に覚えておくべき内容です。

大学入学時に購入してもらったWindowsのPCは、Macを購入して以来、Office製品を使用するためのものだけの機械と化していました。

しかし、Macを日頃から使用していると、どうもWindowsのパソコンは重くなってしまって、使うのが躊躇われるほどでした。

そこで、新学期が始まる前にMacでもOffice製品が使えるようにしてしまおうと決めた訳です。
MacBookProですとドライブがありますが、MacBookAirにはドライブがありません。

そんな時に便利なのがダウンロード版です。

Officeをダウンロード版で購入すると、その場でインストール出来、使用する事が出来ました。

今回は、ダウンロード版のMicrosoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパックを導入した手順をまとめておきました。
サイト内検索
全記事表示リンク

PAGE TOP